« 占領 | トップページ | 猫草ショー »

2006年7月 1日 (土)

シロチ、子宮蓄膿症と卵巣のう腫を克服

060701_17190001
タオル地のヘアバンドを装着。さんざんだった今日一日を振り返ってふてくされているシロチ。

060701_17240002
まだちょっと食欲が湧かないらしいです。スポイトで水分補給してます。

060701_17440001

今日はシロチの避妊手術の日でした。

シロチは足に奇形があり、お腹もゆるめ。5~8kgが標準体重(?)のへび家にあって、保護してから2年経っても2.4kg。発情らしきがありましたが、うちでは妊娠の心配もなく手術には消極的なへびでありました。

ところが、交尾しない♀ニャンはストレスがたまるという情報をライブカメラの常連さんから入手。お医者さまに確かめたところ、♀ニャンの排卵は人間やワンコなど他の動物にない特徴があり、交尾の有無が健康に影響することがわかりました。

お医者さまによると、ニャンは交尾の刺激で排卵するのだそうです。交尾がないと排卵しないので発情が終わらずそれがストレスになることがあると。もっと怖いのは卵子が出ないので卵巣の病気のリスクが高まるということです。避妊手術は妊娠防止だけでなくニャンの健康のためにも有効なのですね。

もちろん、手術にもリスクがあり、シロチは体が強くないのでずいぶん迷いました。それでも体重は十分とのことで決心して病院に。

手術はお昼から、夕方にはお迎え予定。♀ニャンの手術でお泊りなしは初めてでした。この病院では避妊手術の場合ワンコもニャンコも日帰りだそうです。

一旦帰宅して祈っているところに電話が。着信画面には病院名。13時14分。手術は13時には終わると聞いていました。な、、なんで、電話?!引く血の気!震える親指。

へ「ふぁい!へび(一部変更)です」
医「○○病院です、シロチちゃんの手術、今、終わりました」
へ「ふぁ、ふぁ」
医「それで、シロチちゃんは病気でした」
へ「・・・・(声が出ない)」

ここで『助けるためにはお金が必要です、今から言う口座に振り込んで下さい』と言われれば、迷わず銀行に走ったことでしょう。

医「卵巣と子宮にウミがありました。膀胱に癒着があって、今後オシッコの出方に注意が必要で…(略)」
へ「い、命に別状は?!」
医「いえ、直接危険があるものではありません。もう取りましたし。予定通り16:30に帰れます。今、耳掃除や爪きりをしています。汚れてましたので…(以下略)」
へ「ありがふぉぅございました」

シロチはご覧のとおり、無事に帰ってきました。

病名は両方の卵巣のう腫。腫の字がありますが腫瘍ではなく悪性でもないそうです。よかった!
もう一つは子宮蓄膿症。常に発情期だったため、子宮の入り口が緩くなりばい菌が入ったのではないかということです。
摘出したブツを見せられました…。

奇形の影響が内臓に及んでいる可能性はゼロではなく、シロチの場合避妊手術を強くは薦めていなかったお医者さんでしたが「これは手術してよかったですね。結局、助かりました。」と。

命拾いをしたシロチでした。

ライブカメラの常連さんとお医者さまに感謝します。
今、シロチはぐっすり眠っています。

手術費用とお薬代は合計22,680円(税込み)。予定外の処置があったため4,200円のupでした。
明細をよく見たら、耳掃除代と爪切り代、各515円。これはきいてないぞと思ったけど、もしかして昼の電話はこの用事だったか?手術の結果で頭が一杯で耳掃除や爪切りの追加は生返事してしまった。いいよ、いいよ、振り込め詐欺よりはるかに安いから。とにかくありがとう。

|

« 占領 | トップページ | 猫草ショー »

コメント

はじめまして。
いつもブログとライブカメラを密かに&熱心に(笑)拝見させていただいているpandaと申します。
シロチちゃん、無事手術終わってよかったですね~。
私もホッとしました~。
傷も早く良くなるといいですね♪陰ながら応援してます☆

投稿: panda | 2006年7月 1日 (土) 20:30

いや~タイトルをみてドキっとしました。
手術して、病気が見つかってよかった~(>_<)>シロチたん
私も避妊手術とかあまりしたくない派だったんですが
(今現在、ニャンコは飼ってないけど)
へびちゃんの話を聞いて、なるほどぉ~と思いました。
シロチたんは、やはり運があるニャンコですね。
へびちゃんに保護されたときからきっとそういう風に運命が
決まっていたのかも(;^-^A)。
早く、傷が回復していつものようにライブカメラ前でまったり
した姿をみせてね~>シロチたん♪

投稿: Shallot | 2006年7月 1日 (土) 20:45

>>pandaさん
どうもありがとうございます。シロチはなんとか落ち着いています。お気に入りの場所を確保するためチャチやチマにシャー!!する元気もありました。
pandaさんのブログも見ましたよ♪お身体大切にして元気なベイビーのママになってくださいね。

>>Shallotさん
驚かしてすみません。本当によかったです。
お医者さんに「これ、本ニャンは痛かったんでしょうか?」とききましたところ「いやー、おそらく、感じてなかったと思いますよ」と。
よく寝て食欲もあったので手術しなければ気付かないところでした。

投稿: へび | 2006年7月 1日 (土) 21:16

いやぁ、良かった良かった!本当に良かったです、シロチ…。
でもこんなになってるとは…逆に言うとここからが戦いかもしれませんね~。

投稿: にゃ~ | 2006年7月 1日 (土) 23:05

しろち~、よかったね~!!
ちょっとお疲れな感じだけど、無事おうちに戻ってこれたね(T_T)
手術ってほんと、一大決心ですよね・・・。
できるなら痛い想いはさせたくない親心・・・。
へびさんの純愛ですね♪
これからもみんなが見守ってるから大丈夫だよ、シロチ☆

投稿: ライトメロウ | 2006年7月 1日 (土) 23:40

そうかぁ、シロチちゃん、手術してよかったね。
その日に帰って来られるって、にゃんこにとってはストレス少なくてよいかもね。
その小さな腹巻のようなものだけで大丈夫なんだ?

投稿: ミケ | 2006年7月 2日 (日) 08:04

びっくりしたよ~!
でも無事手術も終わってシロチたんも落ち着いたようでホッとしました。
シロチたん頑張ったんだね。
へびさんの決断がシロチたんを救ったんだ。
よかった、よかった。
これからメキメキ元気になっていくよ。
とりあえずシロチたん、へびさん、お疲れ様でした。

投稿: misyu | 2006年7月 2日 (日) 09:18

>>にゃ~さん
にゃ~さんが避妊薦めてくれたんですよね。シロチの命の恩人です!

>>ライトメロウさん
どうもありがとうございます。
決心してよかったです。ほかの子はまだしもシロチは弱いと思っていたけど、結果的にはシロチにこそ手術が必要だったみたいで。
みどちゃん、トラちゃん、また見に行きます!

>>ミケさん
希望なら手術後お泊りも可能だそうですが、特に処置が必要な場合を除けば帰っても同じということでした。一晩も怖い思いさせる必要はないんですって。麻酔後は起こさなければかなり寝続けるので、この病院は覚せい剤(!)で起こすのですって。もしかして寝られなくなるのかと逆に気になりましたが、夕べはぐっすり寝ました。今もリラックスしています。早く連れて帰れてよかった。
腹巻はヘアバンドです(w。エリザベスカラーを付けたら大パニックになりまして…。毛づくろいはしていますが傷口を舐める風がないので腹巻で様子見です。
なんと縫うのでなくホチキスの針(もちろん医療用でしょうが)10本くらいで留めてるんですよ。チャチのように自分で抜糸する心配はありません^^;。みたところ6cm~。小さいシロチなのに別の病院で手術したほかの子達の倍くらい大きい切り口です。最初から「私は大きく切りますからびっくりしないでください。血管のつながりをしっかり見るためです」と言われていました。卵巣・子宮の摘出のほか膀胱との癒着の処理もあったのでなお大きいのかも。

>>misyuさん
ルナピーちゃんも病院通いでがんばってましたよね。
シロチも乗り越えられそうです。
みんな元気になりますように(-人-)

投稿: へび | 2006年7月 2日 (日) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24390/10747952

この記事へのトラックバック一覧です: シロチ、子宮蓄膿症と卵巣のう腫を克服:

« 占領 | トップページ | 猫草ショー »