« ツンデレなお食事 | トップページ | 奇跡の2ショット »

2007年1月21日 (日)

シロチとの出会い

2004年の夏
へびは通勤中でした。
1_1
ユタカちゃんは、吉田さん(仮名)のお宅の飼い猫です。

2_1
玄関フードは北海道の住宅特有のエントランス部分。
ユタカちゃんがいつものんびり過ごしている場所です。

3_1
その日は、珍しくユタカちゃんが出てきました。

4_1

5_1

6_1
ユタカちゃんの目線の先には

7_2
なんと、ジタバタしている白い子猫
くぐろうとしている柵の中は高速道路!

8_1
これがシロチとの出会い。

9_1
ヘンな猫・・・

91
そのとき背後から現れたおばさん。

92
ワンちゃんの散歩途中だったらしい。

|

« ツンデレなお食事 | トップページ | 奇跡の2ショット »

コメント

そのおばあさんは一体・・・(^^;。
そこんところの話は知らなかった。

投稿: ミケ | 2007年1月22日 (月) 07:12

シロチたんとへびちゃんの出会い云々の話はすごく
覚えてる。

白いヘン猫だけど、その境遇を思うととても辛い日々を
過ごしてたんじゃないのかなって。
へびちゃんが一生懸命、病院つれていったりしてお世話
してたよね~。

しかし、その時は「おばちゃん」の話は確かになかったww。

投稿: Shallot | 2007年1月22日 (月) 09:38

ミケさん
ワンちゃんが吠えると、シロチはへびの腕の中でも逃げようと必死に。
鉄柵の隙間に入ろうとしていたのも、犬が怖かったのかもしれないです。おばさん、ワンちゃんを連れて遠巻きに見てたんだと思うんです。

Shallotさん
おばさんも見過ごせなくて困ってたんじゃないかな。
「アメリカの猫!高い猫!」を強調して、へびにシロチを薦めていましたが、百歩譲っても、スコ系ならイギリスじゃないかと(^^;

投稿: へび | 2007年1月22日 (月) 22:20

ユタカちゃんも、心配していたんですね。
あのおばさんの強いお勧めがなくても、へびさん、きっと保護されていたでしょうに、犬が恐かったシロチちゃんの為には、さっさと離れてくれていたら良かったかも?
でも、へびさんのおかげで小さな命が救われたんですね、良かったです。

投稿: cyacya | 2007年1月24日 (水) 15:35

cyacyaさん
そうなんですー。ユタカちゃんは知らせにきたんです♪
謎のおばさん必死でした。実はやさしいおばさんだったんだと思います。

投稿: へび | 2007年1月24日 (水) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24390/13607508

この記事へのトラックバック一覧です: シロチとの出会い:

« ツンデレなお食事 | トップページ | 奇跡の2ショット »